明るすぎた髪色を暗く見せるための対処法

ヘアカラーの悩み・オシャレ染め

「髪を染めたら思ってたより明るすぎた」なんて経験ありませんか?

染め直すか悩むレベルの明るさであれば、もしかすると一時的な対処が可能かもしれません。

明るすぎた髪色をどうにかしたい方は、続きを読み進めて参考にしてみてください!

スポンサーリンク

明るすぎた髪色、今すぐどうにかする二つの対処法


「とりあえず明日だけなんとかしたい」などの場合は以下の二つの手段が有効かもしれません。

・ウエット系のスタイリング剤を使う


髪の毛は乾いた状態よりも濡れている状態の方が暗く見えます。男性であればジェル、女性であればバームなどのウェット系のスタイリング剤を使うと、明るさが多少抑えられて感じるでしょう。

ただし、水で濡らした状態よりは暗く見えないので1度濡らしてみて、それより暗く見せたい場合は、次にご紹介する手段を検討してみてください。

・一時染毛剤(シャンプーで落ちるカラー)を使う


一時染毛剤と呼ばれる1日だけ髪に色付けする、シャンプーで落ちるタイプのヘアカラーがあります。
一時染毛剤にはコンシーラータイプ、スプレータイプなどなど色々な種類のものがあります。

下記のリンク先は根元の白髪向けに書いてあるものですが、うまく使えば代用することも可能なので参考にしてみてください

スポンサーリンク

明るすぎた髪色おすすめの対処法


上記の対処法を試してみて解決できなかった場合は、美容室で染めることをおすすめします。

今の明るさが明るすぎるようであれば放っておくとさらに明るくなってくる可能性があります。

逆に日にちが経って暗くなってくるということは考えられないので、染めたてで既に明るいようであれば、美容室で対処してもらいましょう。

おすすめできない対処法は市販のカラー剤でセルフカラー


市販のヘアカラー剤(アルカリカラー)を使ってご自分で髪を染めるのはあまりオススメできません。

特にご自分で染めて暗くなりすぎてしまった場合は、その後で美容室に行っても施術できないこともあります。

詳しくは下記のリンク先で述べているので、参考にしてみてください。


また、どうしても自分で市販のカラー剤を使って染めたいという方は下記の記事を参考にしていただけると、失敗する可能性が減らせるかと思います。※おすすめはしませんが、、、

また、暗めのアッシュに染め直すのもリスクがあるので注意してください。

スポンサーリンク