サイドパート・センターパート似合う分け目の決め方を徹底解説

髪型の選び方

横分けのことをサイドパート、真ん中分けのことをセンターパートと呼ばれています。じつは分け目によって人の顔の印象が大きく変わってしまうことをご存知でしょうか?

サイドパート、センターパート、それぞれの特徴と似合う分け目を見つける方法を徹底的に解説します。

サイドパート、センターパートそれぞれの特徴とは?

サイドパートは多くの方に似合いやすい

サイドパートの基本は正面を向いたときの黒目の外側あたりで分けると似合いやすいと言われています。

ただし、それはあくまで基本の話であって、お顔立ちによって少しはアレンジする必要がある必要があることが多いので、担当の美容師さんに聞いてみるのがおすすめです。
また、人間の顔は左右非対象なのでセンターパートよりもサイドパートの方が似合う方が多いのが最大の特徴です。

センターパートには注意が必要

クールで大人っぽい印象になりやすいセンターパートですが、実は似合う人が限られる分け目でもあります。
その理由は、人間の顔の形が左右で微妙に違うのでセンターパートにしっかり分けてしまうと左右の顔の形の違いが強調されやすくなってしまうからってす。

人の顔は左右で違う

また、日本人の髪質は硬くて太い方が多いのでしっかりセンターパートにしてしまうと顔の印象までカタくなってしまいがちです。

センターパートでも似合いやすくする方法

ど真ん中のセンターパートが似合う方が少ないのは上記しましたが、どうしてもセンターパートにしたい時もあると思います。

1、1〜2センチ右側か左側にずらす

分け目をど真ん中から1から2センチ右か左にずらすのがオススメです。
分け目を少しだけずらすことで顔の左右非対称目立ちづらくする効果があります。

2、ジグザグの分け目にする

分け目をジグザグにするのも効果的です。
直線的な分け目に比べてジグザグの分け目は印象を柔らかくしてくれる効果が得られます。


スポンサーリンク

似合う(気に入る)分け目を見つける方法

似合う分け目を見つけるためには、自分の顔を客観的に分析することが非常に大切です。
そのための手順を解説します。

1、オールバックの状態にする

まず、前髪な顔周りの髪の毛など顔にかかる髪の毛をヘアバンドなどで抑えるかオールバックにするなどして顔が前面に出るようにします

2、その後真正面から写真を撮る

真正面からカメラ目線で写真を撮ります(スマホなどでも結構です)

3、自分の顔が左右対象なのかどうかを確認する

人間の顔は完全に左右対象の人など存在しません。
ただし、左右対象に近い方、左右非対称な方はいます。
具体的には、目や眉毛の左右の高さや位置や大きさ、左右の輪郭の幅、左右の口角の上がり具合などが確認するポイントです。

以上の確認するポイントが左右対象に近ければ近いほどセンターパートが似合いやすい顔立ちだといえます。
また、顔立ちの左右非対称が気になる方はアシンメトリーのヘアスタイルに挑戦してみるのも一つの方法かもしれません。

関連記事:アシンメトリー(アシメ)の法則と失敗しない注文方法


スポンサーリンク

分け目を左右どちらにするか決める方法

上記で説明した写真を使うのが一番簡単だと思います。
お顔の左右を見比べてみると、クールでかっこいい印象に見える側と、優しくて可愛く見える側があると思います。

正面から撮った写真の左右を見比べてみて気に入った顔の方(人に与えた印象に近い方)の顔に分け目を作るのがオススメです。

また、その日の気分やファッションなどによって分け目を変えてみるのも楽しいかもしれませんね。

また、分け目と前髪のデザインによってはヘアカラーを長持ちさせることも出来るかもしれません。詳しくは下記で述べているので是非参考にしてみて下さい!

動画:「サイドパート」「センターパート」あなたに似合う分け目はどれ?

スポンサーリンク