パーマのかけ直しは可能?気まずい?無料でできる?タイミングや言い方は?

パーマ

パーマで失敗した後にかけ直しを美容師さんにお願いするのって気まずいですよね?

かけ直しできる期間ってどれくらい?無料でかけなおしてもらえる?かけ直しのタイミングはいつがベスト?かけ直しをお願いするときの言い方は?

特にパーマをあまりかけたことがない方からすると疑問がいっぱいですよね?そんな疑問の数々に現役美容師が答えます!

パーマのかけ直しはほとんどの美容室が無料で対応してくれる?

パーマのかかりが強すぎたり、弱すぎたりのかけ直しにはほとんどの美容室が無料で対応してくれます。

筆者は18年ほど美容師をしていますが、かけ直しに対応していない美容室は今のところ見かけたことがありません。

ただし、かけ直しの対応期間は美容室によって少し違います。

・かけ直し期間はどれくらい?


パーマのかけ直しに無料で対応してくれる期間はパーマをしてから1週間から10日くらいが一般的です。

ただし、期間内でも一部有料になる場合もあります。それについて下記で説明します。

・期間内でも有料になる可能性があるケース


パーマの種類を変更する場合に差額分が有料になるケースがあります。

例えばコールドパーマでかけたけど、かけ直しではデジタルパーマに変更した場合などに差額が発生することがあります。※美容室のシステムによって違います

ちなみに、コールドパーマとデジタルパーマは全く別物です!

・期間内にかけ直しに行けない方はあきらめないで!


長期出張や、遠方からのご来店で期間内にパーマのかけ直しが出来ない場合は美容師さんに電話などで相談してみて下さい。

対応してくれることがあります。

ただし、かけ直し期間を過ぎた後に電話しても対応してもらえないので、電話自体をかけ直し期間中にしましょう。

また、すべての美容室が対応してくれるわけではないので不安であれば日程にゆとりをもってパーマをかけることをおススメします。

かけ直し不可能なケース

髪が傷みすぎててかけ直しが出来ないケースがあります。

ほとんどの場合は美容師側の技術力不足やカウンセリングのコミュニケーション不足が原因でこの状態になることが多くみられます。

かけ直しが出来ないほどの傷みが出ると予測される場合、ある程度の技術と経験がある美容師さんはパーマを断ります。


ただし、美容師が止めても「どれだけ傷んでも構わないからどうしてもパーマかけてほしい!」「傷んでも絶対文句は言わないから!」というお客様がたまにいらっしゃいます。(美容師あるあるかも?美容師はちょっと困ります)

そのような方の場合は無料でかけなおすことは出来ないかもしれません。

ちなみに筆者の場合はそのような方の場合でも絶対にお断りさせていただく派の美容師です。

パーマかけ直しのベストなタイミング

期間内であれば都合の良いタイミングでパーマのかけ直しに行って大丈夫です。

ただし、人によってはすぐにかけ直しに行っても問題ない方と、2~3日様子を見てかけ直しを検討したほうが良い方で分かれます。

・初めてのパーマをかけた方で強すぎた時は数日様子を見る


頻繁にパーマをかけている方や、すでに数回かけたことがある方は数日後にパーマがどうなるか想像がつくと思うのでいつかけ直しに行っても特に問題ありませんが、初めてのパーマの方は2~3日様子を見たほうが良いかもしれません。


なぜなら、パーマかけた直後は強すぎたパーマもシャンプーやドライヤーで数日たつと丁度よくなってくることがあるからです。

逆に、かかりが弱すぎると感じるようであれば初めてのパーマの方でもすぐにかけ直しの相談に行っても問題ないでしょう。

かけ直しが言い出しづらい?気まずい?ベストな言い方は?


中にはパーマのかけ直しをお願いするのが気まずいという方もいると思いますが、かけ直しはよくあることなので全く気にすることはありません。

むしろやり直しに来ていただけなくて次から別の美容室に行ってしまうことの方が美容師としては悲しいことなので是非パーマをかけ直しに行きたい時は行ってあげて下さい!


かけ直したヘアスタイルを気に入っていただいて、また次回も来店していただいた方がお客様的にも美容師的にも幸せだと思います。現役の美容師が言うので間違いないと思いますよ!

・それでも気まずいときのベストな言い方


「パーマがゆるい気がするのでちょっと見てもらえませんか?」「パーマが強い気がするので相談しに行ってもいいですか?」

などの表現をするとソフトな印象で良いかもしれません。

でも、ホントに気にしないで大丈夫ですよ!もし嫌な顔をする美容師さんならお店を変えることをおススメします!!