白髪になる代表的な4つの原因とは

白髪の悩み・白髪染め

厄介な白髪!皆さん当然のように染めてますよね?実は白髪の原因は完全には解明されていません!

何らかの原因で毛根が色素を作るメラノサイト(色素を作る細胞)の働きが低下して白髪になることは分かっていますが、その原因には幾つかの説があります。

白髪になる原因として可能性が高い4つを最新の研究も交えてご紹介します!

1.白髪はストレスが原因だと米研究機関が解明?

マリーアントワネットが捕らえられた際、彼女の髪はストレスから一晩で白髪になったと言うお話を聞いたことがありませんか?

今まではそんなことは迷信だとも言われていましたが、もしかすると本当なのかもしれません。
※毛先まで真っ白になることは構造上考えられないので誇張された話だとは思いますが、、、


2020年2月、アメリカのハーバード大学の研究所が急激なストレスによって白髪が増えるという研究結果を、Nature誌で発表しました。

リンク先:Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-020-1935-3

・ストレスから解放されたら黒髪に戻る?

ちなみにハーバード大学の研究によると、ストレスから解放されたとしても1度白髪になってしまった髪が黒髪に戻るということは考えられないとのことです。

2.遺伝が原因で白髪になる

瞳の色や肌の色、髪の色などが遺伝で決定付けられるように白髪も遺伝するのではないかと考えられています。

3.加齢が原因で白髪になる

年齢を重ねると、何らかの原因で毛根が色素を作るメラノサイトの働きが低下して、メラニン色素を作れなくなってしまうことが考えられます。

スポンサーリンク

4.血行不良が原因で白髪になる

頭皮の血行が悪くなると、毛根まで栄養が行き渡りづらくなるので、白髪になると考えられています。

また、強いストレスがあると毛細血管が萎縮するので血行不良に繋がり、白髪が増えるという説もあります。

まとめ:白髪になる原因は1つではない


上記した4つの原因の他には、高熱や薬の副作用なども白髪になる原因の一つとして考えられています。

今はまだ研究が進んでいる段階で、わかっていないことが多い白髪のメカニズムですが早く研究が進んで白髪が無くなる未来が来るといいですね!!

白髪が気になる方はこちらの記事もご覧ください
スポンサーリンク