眉毛の白髪にカラーリングは出来る?おすすめの対策法は?

白髪の悩み・白髪染め

髪の毛だけではなく眉毛にも白髪って生えてきますよね?そんな気になる眉毛の白髪にカラーリングは出来るのでしょうか?

美容師目線で眉毛の白髪へのおすすめの対策法も併せてご紹介します。

また、眉毛に白髪が生える原因は髪の白髪が生える原因と同じだと考えられているので、気になる方は下記の記事を先に読んでから続きをご覧ください!

眉毛の白髪も髪用のカラー剤で染まる

眉毛に生えてきた白髪も、頭に生えてきた白髪と基本的に構造は同じなので、白髪染めなどのカラー剤(アルカリ性カラー)で染めることは可能です。

・眉毛は一度染めると髪より長持ち

眉毛が伸びるスピードは髪の毛が伸びるスピードよりも遅いので、1度染めておくと根元が伸びてくるスピードは髪の毛よりもゆっくりです。

つまり一度染めると白髪が気になるサイクルは髪の毛より遅いと言えます。

ただし注意していただきたいのは、染めることは可能ですが染めない方がいいということです。矛盾しているようですが、下記で詳しく説明します。

美容院で眉毛も染められる?

白髪染めに限らず、眉毛のカラーリングは基本的に美容室では断られます。なぜなら、法律で禁止されているからです。

確かに髪の毛を染めた時は、眉毛も同じ色にした方がデザイン的にいい感じなのは間違いないのですが、染めてあげたくても法律違反になるので染めてあげられないというのが現実です。

そして、リスクを考えるとご自分で染めるのもオススメはできません。その理由を下記で説明します。

・顔は頭皮よりもカラー剤の刺激に弱い

人の顔は頭皮よりも油分が少なく、カラー剤の刺激に弱いという特徴があります。

あくまでもカラー剤は頭皮向けに作られているものであって、眉毛を染めるために作られているものではありません。

・カラー剤が目に入る可能性がある

髪の毛を染めていて、カラー剤が目に入る可能性は極めて少ないと思いますが、眉毛を染めていてカラー剤が目に入る可能性は高いと思います。

髪の毛を染めるよりも目に入るリスクが圧倒的に高いのでオススメできません。

染めることが出来ないのであればどう対処すれば良いのでしょうか?ここから先でおススメの対処法をご紹介します。

眉毛の白髪への対処法

・眉マスカラが安心だしおすすめ

眉毛用のマスカラ(一時的に着色するもの)を塗って白髪を隠すのがおすすめです。
眉マスカラであれば肌に負担をかけることもなく安心です。

また、眉マスカラを選ぶ際は、出来る限り髪の色に近いものを選ぶとより自然です。

・眉毛の長さをカットすれば目立たなくなる

眉毛の長さが長いと白髪が目立ちやすくなります。

また、眉毛が伸びるのは老化現象の一種だと言われているので、長さをカットするだけで若々しさを演出することが出来ます。

ちなみに、くし付きの眉カットハサミを使うと失敗が少ないのでおススメです。

リンク先:楽天・眉カット用ハサミ
髪の毛の根元の白髪を隠したい方はこちらを参考にしてください。