まさか、ツムジはげてる?と感じた時の4つの対策と5つの改善策

薄毛・抜け毛の悩み

「アレ?ツムジはげてる?」と感じたり、友達や美容師さんにつむじの薄毛を指摘されたことがありますか?

そんな方は、早めに対策と改善策をとった方が良いかもしれません!

つむじはげの原因説明はサクッと、対策と改善策はしっかりと美容師が説明します。

つむじはげの原因

本題の改善と対策を説明する前に、まずつむじが薄くなってくる原因ですが、血行不良、加齢、皮脂、ストレス、紫外線、男性であれば男性型脱毛症などが考えられます。

ここからは短期的な対策と長期的な改善策の両方をご紹介しますが、基本的にどちらも、そして、できる限り早く始めた方がより効果的なので参考にしてみてください。

つむじはげ対策

つむじがハゲてきたと感じたときの比較的すぐに取り組める短期的な対策をご紹介します。

・パーマで対策

つむじにパーマをかけることでつむじハゲを目立たなくすることができます。

ただし、つむじ以外の部分に強くかかりすぎてしまうと余計つむじが潰れて見えてしまうので要注意です。

気になるつむじだけの部分、パーマなどでも良いかもしれません。

また根本はパーマがかかりづらい傾向があるので、パーマで対策しようと検討している方は下記の記事を参考にしてください。

・ドライヤーの使い方で対策

ドライヤーの風を前後左右から当てるとつむじがふんわりします。

また、根元のた立ち上がりが良くなるタイプのワックスをつむじの根元にだけ使うのもおすすめです。

・男性向けの対策

男性型脱毛症だと診断された場合はAGAクリニックに通うのが一番手っ取り早く効果的です。

また、幸運なことに、つむじの男性型脱毛症はM字の薄毛に比べてAGA治療の効果が早く出やすいと言われています。

とは言っても早めに診察を受けるのに越したことはないので下記の記事を読んでみてください。

ただし、ほかの対策と改善策も同時に実践したほうがさらに効果的なので「自分はAGAかも、、、」と思っている方もぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

・頭皮の日焼け予防で対策

意外と知られていませんが、頭皮は日焼けすると細毛、薄毛になる可能性が高くなります。

つむじは紫外線を直に浴びやすい部分なので、分け目と同じように紫外線対策が必要です。

つむじはげ改善方法

つむじが薄くなってくるのを防ぐための長期的な改善策です。

・マッサージで改善

人によっては、マッサージでつむじにボリュームを出すことが可能です。

人によってはと書いている理由は、人によっては効果を感じられないことがあるからです。

また、効果が出やすい方でも3〜6ヶ月ほどは続けないと効果を実感出来ないかもしれません。

もし効果を実感出来なかったとしても、薄くなるのを遅らせることは可能なので毎日数分間で構わないのでマッサージを習慣づけましょう!

・食生活、生活習慣で改善

規則正しい食生活や、正しい生活習慣も髪と頭皮の健康を守るために大切です。

バランスが取れた食生活はもちろんですが、過剰なダイエットも薄毛の原因になるので、気をつけてください。

特にタンパク質を制限しすぎると髪が抜けることがあります。

また、睡眠不足も抜け毛の大敵なので注意してください。

・ストレス発散で改善


ストレスは髪の毛だけではなく、当然体にも害を与えます。

また、ストレスが原因で睡眠障害に陥ったり、食事が喉を通らなかったりと、他の要素と組み合わされて髪の毛に悪影響を与えることがあるのでストレス発散はとても大切です。

・育毛剤、発毛剤で改善

ざっくり言ってしまうと、育毛剤は今ある髪の毛を抜けにくくする、細い毛を太く育てるなどの効果があり、発毛剤は毛がない部分に毛を生やすためのものです。

ただし、商品によっては女性には使えないものなどもあるので対象をしっかり確かめてから購入するようにしましょう。

・シャンプーで改善

シャンプーで頭皮環境を改善することができます。

具体的には、頭皮の毛穴が皮脂で詰まると健康な髪が生えてきづらくなるといわれています。

かと言って、洗浄力が強すぎるシャンプーを選んでしまうと頭皮の必要な皮脂まで除去してしまいます。

必要な皮脂まで除去してしまうと、頭皮は乾燥を防ぐために皮脂をさらに分泌してしまうので脂っぽい頭皮になってしまいます。

まとめ

「まさか、ツムジはげてる?」と感じた方はここまでで紹介した4つの対策と5つの改善策を是非参考にしてみて下さい。

また、この記事を読んでいる方で、つむじの薄毛とM字の両方に悩んでいる男性がいたら、下記の記事も参考になるかもしれません。