前髪カットだけで美容室は迷惑?予約は必要?料金は?4つの注意点など

美容室選び

前髪カットだけで美容室に行くのってちょっと勇気が必要ですよね?迷惑かな?予約は必要?料金はいくら?

などなど気になることがいっぱいです!

そこで、現役美容師が前髪カットの4つの注意点などを含め徹底解説します!

前髪カットだけで美容室に行くのはアリ?迷惑?

前髪カットだけで美容室を利用するのは美容室側からして全く迷惑ではないので安心してください。

むしろ、ご自分でカットして失敗してしまった場合、それを修正することの方が難易度が高いので自分で切るのはやめておきましょう。

ただし、迷惑ではないと言っても常連の方と初めての方では前髪カットする際の美容室の利用の仕方が少し変わる可能性があります。

・常連の方

常連の方でいつも通っている美容室であれば全く問題はありません。通常通り前髪のカットをお願いしましょう。

・初めての方

初めての美容室で前髪カットだけをご利用される方は、もしかすると断られる可能性があります。

断られてしまうパターンは、次のようなことが考えられます。

全体のバランスとちぐはぐになってしまう

美容師さんによって作る髪型のバランスは違うのでヘアスタイル全体と、前髪のバランスがちぐはぐになってしまう場合は要注意です。

特に数ヶ月間全体をカットをしていなくて、久々に前髪だけを切った場合は周りの髪の毛とどうしても馴染まないことがあるので、全体カットを勧められることがあります。

メンバーカードの特典として前髪カットのメニューがある美容室

そもそも新規のお客様の前髪をお断りしている美容室があります。

その様な美容室は、メンバーズカードの特典として、前髪カットを常連の方のみに施術するというスタンスの美容室です。

前髪カットは似合う似合わないに関わる重要な出る技術

前髪カットだけだから、何処のサロンでもいいやと思っている方が多いようですが、それは大きな間違いです。

前髪のカットは仕上がりに大きく関係してくるので前髪カットこそヘアカットが上手な美容師さんにお願いした方が良いでしょう。

前髪カットだけでも予約は必要?


前髪カットだけでも予約は必要なのかというと、美容室によって違いますがスタイリストによっても多少変わります。

・お店や美容師さんによってバラバラ

例えば筆者が働いてる美容室の場合は、予約無しでも前髪カットできますが、混雑状況によっては担当者を選べないというシステムを採用しています。

ですが、ありがたいことに前髪カットだけでも筆者に担当をしてほしいという方もいるので、その場合は前髪カットの時も予約をしていただくようにお願いをしています。

ただし、美容室によって全く違ううえに、スタイリストごとでも多少違うので問い合わせてみた方が良いかと思います。

前髪カットだけの料金

料金は無料、500円、1000円、数千円などと様々です。

前髪カットだけで美容室を利用する場合の料金は、美容室によって全く違うので事前にホームページなどで調べた方が確実です。

また、無料というのはどういうことかと言うとメンバーズカードを持っている顧客のみを対象にしたサービスである場合がほとんどです。

そのようなシステムの美容室では新規で前髪カットのみの場合は断られることが多いので注意しましょう。

前髪カットプランがある美容室を探すのがおすすめ

前髪カットプランがある美容室を探すのもおすすめです。

東京、神奈川、千葉、埼玉限定になりますが、下記リンク先のウェブサイトで前髪カットが上手な美容室を探してみるのも良いかもしれません。

リンク先:OZmall・前髪カットがおススメの美容院

前髪カットで美容室を利用する際の4つの注意点

前髪カットのみで美容室を利用する場合は、いくつかの注意点があります。

・スタイリング剤を付けて行かない

基本的に前髪カットはドライカットで行われます。
スタイリング剤をつけていくとシャンプーをしなければいけない可能性が出てくるので、スタイリング剤は付けて行かない方が良いでしょう。

・結ばない

ミディアムヘアや、ロングヘアの場合、結んでしまうと前髪のカットがしづらくなることがあります。

特に前髪の幅を増やしたい場合などは、結ばずにダウンスタイルでサロンに行った方が良いかもしれません。

・普段のスタイリングを美容師さんに事前に説明

アイロンは使うのか?カーラーで巻くのか?サイドに流したいのか?などなど、普段のスタイリングを美容師さんに事前に説明しておいた方が失敗は少ないでしょう。

それによってカットが多少変わることが予想されます。

・自宅でシャンプーして乾かすと短くなることもある

特に湿気が多いシーズンや汗をかきやすい季節、頭皮が脂症の方などは家に帰ったと自宅でシャンプーをして乾かすと思ったよりも短くなる可能性があります。

前髪が浮きやすい方は、その旨を伝えたうえで前髪カットをお願いした方が失敗が少なくなるかと思います。