市販のシャンプーを美容師がおススメしない4つの理由と、押し売りっぽくなってしまう美容師がいる理由

シャンプー

市販でおすすめのシャンプー教えて!」担当の美容師さんに聞いた時に「えっ?」って顔された事ありませんか?
それには理由があるんです!

市販のシャンプーを美容師さんがおすすめしない理由と、シャンプーの押し売りをしてくる美容師がいなくならない理由を徹底解説します!

市販のシャンプーを美容師さんが勧めない4つの理由

1『「市販で」おすすめのシャンプーってどれ?』その質問は担当美容師さんを困らせているかも

お客様から、「市販のシャンプーで何が良いの?」「私の髪に合う市販のシャンプーはなに?」と聞かれることがまれにありますが、美容師さんは美容室のシャンプー以外はめったに使わないのでよくわかりません。

どれくらい使わないかと言うと、美容師さん達の集まりで、誰かが「市販のシャンプーを使ってる」と言ったら、かなりビックリされるぐらいなじみがありません。

2シャンプーの成分に詳しい美容師さんでも市販のシャンプーには詳しくない

美容室で何か新しい商品を仕入れる際は、商品についての勉強会が行われます。それはシャンプーに関しても同じで、使用している界面活性剤や添加剤、香料、など、どのような髪質に合っていて、頭皮に対しての影響や、安全性のことまで勉強するのが一般的です。

取り扱うシャンプーに関しては徹底的に勉強するので、当然成分に関しての詳しい知識を身につけますが、市販のシャンプーに関して勉強する機会はほとんどありません。
入っている成分が分からない以上、おすすめを聞かれても答えられないのが現実です。

逆に、美容師さん達はサロン専売品のシャンプーについてはたくさん勉強しています。詳しい成分などに関しては下記の記事が参考になると思います!

3美容師さんが自分の頭に使うのは美容室で扱っているシャンプー

ほとんどの美容師さんは、自分が成分と特徴を熟知しているシャンプーを一番信頼しています。
そのため、美容師さん自身の頭にも内容成分がよくわからない商品は使いたくありません。
美容師になって以来、市販のシャンプーを買ったことがない美容師さんはたくさんいます。

また、新商品のシャンプーを発売したメーカーさんがサンプルを持って来てくれることもあります。
サンプルを使用してみて、成分や使用感を確認し、導入を検討するのも美容師さんのお仕事のひとつです。

4温泉にもマイシャンプーを持って行く美容師さんがいる

余談ですが、美容師さんは温泉やスパに行く際もマイシャンプーを持って行く方がほとんどです。
他店の美容師仲間数人で旅行に行ったり、社員旅行などのときはお互いに貸し借りしてシャンプートークに花が咲く事もしばしばです。

ちなみに、筆者の美容師仲間で人気no.1なのはRe;シャンプーのシリーズです。皮膚科の先生が開発に携わっているのが人気の理由かもしれません。お客様からの評判もとても良いです。

リンク先:楽天Re;シャンプー・シリーズ

押し売りっぽくなってしまう美容師がいる理由

シャンプーを押し売りされて嫌な思いをされたことはありませんか?「押し売りさえなければ良い美容師さんなんだけどねー」なんてこともよく聞く話です。

押し売りになりがちな美容師さんの特徴

「美容室で欲しくもないシャンプーを押し売りされた」「しつこく勧められて嫌な気分だった」と感じている方は多いかもしれません。

その理由は上記した、美容師さんのシャンプーへのこだわりに原因があります。また、「良い物をお客様に使って欲しい」という想いが強い美容師さんほど、押し売りと受け止められてしまう傾向があります。

必要ない場合はハッキリと断りましょう

売りたいと思って話している美容師さんはハッキリ断られると気にするものですが、良い物を紹介しようと心から思っている美容師さんはハッキリ断られても気にしないものです。

お金のために美容室のシャンプーをすすめてる?

ノルマや売り上げの歩合(給料)のために勧められてると勘違いされている方もいるかもしれませんが、裏側をお話するとシャンプーやトリートメントを販売しても美容師さんはあまり儲かりません。

サロンのシステムによっても違いがありますが、商品の売り上げに歩合がつかないサロンもあります。歩合がついても数%なので、押し売りだと感じさせてしまって、お客様に嫌な想いをさせてしまうリスクを考えると割に合いません。

以上の理由から、美容師さんは純粋にお客さまの髪のコンディションを考えてシャンプーを勧めていますが、不快な場合は断って下さい。

また、「商品を勧められるのがイヤ」「以前のサロンで押し売りされたのが嫌だった」などと事前に担当の美容師さんに伝えておくと不快な思いを避けられます。

まとめ

もちろん担当の美容師さんに相談して、髪や頭皮のコンディションに合わせたシャンプー選びをすることはおすすめですが、成分の表示を見てみないと無責任な事は言えないので、お答え出来ない場合が多いです。

おまけ

・市販のシャンプーしか使いたくない方

どうしても市販のシャンプーで探したい方は成分を見て、界面活性剤とシリコンの有無を調べたうえで「この成分と私のコンディションは合いますか?」と美容師さんに聞いてみると美容師さんもアドバイスがしやすいと思います。
また、気になるシャンプーの成分表示(ボトルの裏面)をスマホで撮影して美容師さんに意見を聞いてみるのも一つかもしれません。

スポンサーリンク