強力な整髪料やスタイリング剤をサッパリ落とす裏技2選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式や天気が悪い日などにガチガチに固める機会って多くないですか?
ハードワックスやスプレーでガッチリ固める事もあると思います。

強力な整髪料を落とす方法は、二度洗いやクレンジングシャンプーを使う手もありますが、美容師が選ぶ究極の裏技2選を解説します!

スポンサーリンク

スタイリング剤の洗い残しは頭皮トラブルの原因の一つ

裏技の前に知っておいていただきたいのですが、スタイリング剤が充分に落とせず、頭皮についたまま寝てしまうと毛穴を詰まらせて抜け毛、細毛の原因になります。

ハードワックスやハードスプレーなどでガチガチに固めたヘアスタイルって、シャンプーの泡立ちが悪かったり、しっかり予洗いしてもヌメヌメ感があったりと、シャンプーに手こずる事が多いのではないでしょうか?

疲れていると、洗い不足のままシャンプーを終わらせてしまう方もいるかもしれませんが、頭皮の健康維持のためには非常に危険です。

このあと紹介する裏技を使って健康な頭皮を維持して下さい。

 

1、シャンプー前の乾いた髪の状態でブラッシング

スプレーやワックスには粘性があるので、ホコリや汚れを引き寄せて吸着しやすくしてしまう性質があるのでブラッシングはシャンプーの泡立ちを良くする上でとても有効です。

具体的には、シャンプー前の乾いた状態で豚毛のブラシなどを使ってブラッシングします。
実はブラッシングで髪の毛の表面に付いたホコリや汚れは80%落とすことが出来ると言われています。

ただし、頭皮の汚れや皮脂を落とすのにはブラッシングだけでは不十分なので、ブラッシングだけで終わらせないでシャンプーもしましょう。

また、ブラシを通せないほどガチガチに固めている場合は次に紹介する方法の方が向いているので、そのまま読み進めて下さい。

 

スポンサーリンク

2、濡らした状態にリンス(コンディショナー)

リンス(メーカーによってはコンディショナーと呼ばれることもありますが基本的には同じ)には、油が多く含まれています。
リンスをシャンプー前につけることで、髪に付いたスタイリング剤の油分を浮かせる事が出来ます。

具体的には、シャンプー前のすすぎ(濡らした状態)でリンスを髪にもみこみます。柔らかくなったら一度すすいでシャンプーをします。

メイクを落とす際のオイルクレンジングをイメージしてもらえると分かりやすいと思いますが、整髪料も原材料の多くは油から出来ています。
油を油で浮かせて落としやすくすることができます。

つまり油分がとれた状態でシャンプーをすることで、泡立ちが良くなりスタイリング剤をサッパリ落とせるというわけです。

また、リンスには他の使い道もあります。詳しくは、
関連記事・裏技!?余ったリンスやコンディショナーの3つの使い道!を合わせてご覧下さい。

まとめ

 

健康な髪は健康な頭皮から育ちます。
頭皮の毛穴が詰まると、抜け毛、細毛だけではなく、くせ毛や傷みやすい髪になる恐れがあります。

また、肌が弱い方だと、洗い残しの整髪料が原因で額や背中に吹き出物が出来る事もあります。

さらに、裏技を組み合わせて、1・ブラッシング、2・すすぎ前にリンス
にするとさらに効果的です。

ぜひ「その日の汚れはその日のうちに」を心がけましょう!

その他、スタイリング関係は、
関連記事・美容室に行く前はシャワーを浴びてワックスを落とす?!正解は、、、?

関連記事・失敗しないショートヘア!ワックス3つのコツ![メンズも可]
を合わせてご覧下さい。


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・美容師を指名するのは恥ずかしい?指名を勧める5つの理由!

関連記事・ヘアスタイル撮影をしてる美容師さんは上手な人が多いってホント??

関連記事・ヘアドネーションとは?髪を寄付することで笑顔になる子供達がいます!

関連記事・1人の担当が最初から最後まで!マンツーマン美容室のメリット・デメリット

サイトマップ・美容室・美容師さんの正しい選び方と髪のお悩み解決策も合わせてご覧下さい!

MY SALON 編集部

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。