直毛5つの髪の悩みと具体的解決策!「こけし」とは呼ばせない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「カタイ人だと思われちゃう!」「パーマがすぐにとれる!」など、、、意外と多い直毛さんの髪の悩み!

直毛さんが抱える5つの髪の悩みと、具体的な解決策を、ボブにしたときの「こけし」っぽくならないためのワンポイントアドバイスのおまけ付きで、分かりやすく説明します!

 

スポンサーリンク

1:直毛すぎてキツい印象に見られてしまう

 

髪の質感は顔の印象を大きく左右します。
直毛は固い印象、キツい印象を与えてしまいがちな髪質です!
まじめな印象、強い女性の雰囲気を出したい場合は直毛の方が合いますが、柔らかく見せたい、優しく見せたい場合には向きません!

解決策・キツい印象を和らげるコツ

パーマをかける、またはコテで巻く

パーマをかけたり、コテで巻くのは印象を柔らかく見せるのに効果的です。キツい印象に見られるのが嫌な方はパーマ、巻き髪で変身しましょう!
ただし、直毛の方はパーマがかかりづらい、取れやすい、コテで巻いてもすぐに取れてしまう方が多い髪質です。
パーマに関しては『2:パーマがかからない、すぐ取れる』
巻き髪に関しては『3:ヘアアレンジしづらい』
で詳しく説明するので、そのまま読み進めてください!

分け目をつけるヘアスタイルの方は、真っ直ぐな分け目はNG!

真っ直ぐな分け目にすると、キツい印象を強調させてしまう原因になります。
少し適当にジグザグにすると分け目がぼやけて印象も柔らかくなります。
また、前髪を作って、分け目が出ないヘアスタイルに変える事も印象を柔らかくする効果が期待出来ます!

スポンサーリンク

2:パーマがかからない、すぐ取れる

直毛の方はパーマがかかりづらい方、かけてもすぐに取れてしまう方がほとんどです。

解決策・パーマがかかる、長持ちさせる方法

とれる(ゆるくなる)前提でやや強めにかけてもらう

パーマをかける前に、「すぐにとれる(ゆるくなる、だれる)」旨を美容師さんに伝えましょう!
保ちがよくなるように、少し強めにかけることを提案してくれるはずです。
ただし、髪質が固くてハリコシがあり、ゆるいうねりがあるような「直毛っぽいくせ毛」という髪質の方もいます。その場合、かかりづらい半面、かかるとかかりすぎる特徴があるので、判断が難しい髪質です。
特に、初めてパーマに挑戦する際はしっかり美容師さんに髪質を診断してもらって下さい!

直毛なのにかかりすぎてしまった!を解決する方法は、
関連記事・デジタルパーマの失敗「かかりすぎ!」原因と対策、すぐ出来る裏技!に詳しく書いてあるのでご覧下さい。

パーマの種類を変える

通常、パーマと言うとコールドパーマのことを言いますが、かかりづらい直毛の方には、デジタルパーマ、エアウエーブ、クリープパーマなどの比較的新しい種類のパーマの方が向いています。
仕上がりの質感や向いているヘアスタイルがそれぞれ違うので、希望するヘアスタイルに近づくためにはどれが一番向いているかを美容師さんに相談しましょう!

パーマを検討していて、希望の髪型に何が向いているか悩んだ場合は、
関連記事・普通のパーマ・デジタルパーマ、向いてる髪質・髪型徹底比較!をご覧下さい。

万が一デジタルパーマでもすぐ取れてしまった!と言う方は、
関連記事・デジタルパーマの失敗「かかってない!」5つの具体的解決策!も合わせてお読みください。

 

3:真っ直ぐすぎてヘアアレンジしずらい

コテで巻いてもすぐにとれる、ゴムやピンが留まりづらい、逆毛がすぐにペタンコになった経験ありませんか?

解決策・ヘアアレンジが楽になる方法

洗い流さないトリートメントを巻き髪用に変える

洗い流さないトリートメントには大きく分けると2種類のタイプがあります。一つ目は最も一般的なツヤツヤ・サラサラ・しっとりなどのタイプです。二つ目は巻き髪やブローをキープするタイプのものです。
前者はボリュームを落ち着かせてしまい巻き髪の保ちを悪くしてしまうことがあるので、後者の巻き髪をキープするタイプの物を選びましょう!

少し傷ませる

これは、解決策としておすすめは出来ませんが、少し傷んだ髪はアレンジしやすいです。
健康すぎる髪はゴムやピンが留まりづらく、逆毛もすぐにとれてしまいます。
適度に傷んだ髪の方がアレンジはしやすいですが、度を超すとアレンジはしやすいものの見た目は悪いです。もう一度言いますが、過度なダメージはおすすめしません!

すでに傷んでしまって困っている方は、
関連記事・たった3つの改善であなたのダメージヘアは劇的に良くなる!!をご覧下さい。

パーマをかける

パーマをかけておくと、コテで巻いた時も長持ちしやすなります。
直毛の方がコテで巻くと
直毛+コテ=長持ちしない

一度パーマをかけておくと
直毛+パーマ+コテ=長持ちする

となります。

4:トップにボリュームが出ない

特に、細毛で直毛の方の場合トップにボリュームが出しづらい傾向があります!

解決策・トップにボリュームを出す、出し方

分け目をジグザグに

『1:キツい印象に見られがち』でもご紹介した「分け目をジグザグにしてぼかす」方法は、トップにボリュームを出すのにも効果があります。
一度、真っ直ぐの分け目とジグサグの分け目で見比べてみて下さい!ジグザグの方がふんわり感が出てるはずです!

トップの根元を色々な方向から乾かす

大前提として、お風呂上がりはトップの根元を最初に乾かして下さい。
濡れたまま放っておくと、根元がつぶれたまま跡がついてしまうので後からボリュームを出す事は困難です!
そして、乾かす時は、右、左、前、後ろ、右、左、といった具合に色々な角度からドライヤーをあてて下さい。

5:毛先がパッツン

ハサミでカットしたカットライン(切り口)がハッキリ出過ぎてしまう。

解決策・毛先のパッツンを防ぐカット

カットが上手な美容師さんに担当してもらう

当然ながら、カットの技術は重要です!
上手な美容師さんであれば、ほとんど軽くしなくてもパッツン感を消す事が出来ます。
逆に、あまりカットの技術がない美容師さんがカットした場合は必要以上に軽くしたり、レイヤー(段)を入れ過ぎてしまって、毛先が軽くてペラペラなのにパッツン感を消せないこともあります。

ホームページやインスタグラムなどのSNSでカットに自信があることを打ち出している美容師さんにお願いしましょう!

インスタグラムを上手に活用する方法は、
関連記事・オシャレな女性が美容室をお得に探すコツはインスタにあり!?
カットが上手かどうかを見極める方法は、
関連記事・カットで失敗しない!上手な美容師さんに共通する4つの特徴とは?を合わせてご覧下さい。

まとめ

一見扱いに困らないイメージの直毛ですが、意外と悩みがたくさんあります。
特に近年のヘアスタイルのトレンドは柔らかいイメージです。
直毛が原因で、固い、強いなどのイメージに見られがちな方は上記の記事を参考にして、イメージチェンジされる事をお勧めします!

おまけ

直毛さんがボブにして、「こけし」にならないために

バッサリ、ボブにしたら「こけし」っぽい!こんなはずじゃなかったのに!って経験ありませんか?

1:ヘアカラー

そんな方はカットと一緒に、ヘアカラーをオーダーしましょう!こけし感がなくなります!

2:ストレートアイロンで内巻き、またはナミナミウエーブ

アゴラインのボブだと巻き髪用のコテを使うのはキケンです!ヤケドしやすいうえにスタイリングも難しいので、ストレートアイロンを使うと簡単に柔らかい雰囲気が演出できますよ!
その他の美容室・美容師さんの正しい選び方は、
サイトマップ・美容室・美容師選びに失敗したくない方はコチラをご覧下さい!

あなたの髪の悩みが改善されて、最高の美容師さんが見つかるように願っています。☆こちらの記事が役に立ったと思う方はソーシャルボタンからシェアやいいねをお願いします☆


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・美容室「前回と同じで!」同じ髪型にならない5つの理由と注文方法

関連記事・美容室の予約は何日前?事前、電話予約を勧める4パターン!

関連記事・「おまかせ」注文は嬉しい?困る?髪型で失敗しない「おまかせ」とは

関連記事・美容室で失敗しない注文の仕方!ヘアカットのオーダーのコツ[保存版]

MY SALON 編集部

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。