頭皮の血行不良が髪に与える悪影響とセルフマッサージが美容師的に超オススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

頭皮の血行不良が髪に与える悪影響は、抜け毛や細毛が最も有名ですが、それだけではありません。

ぜひ、この先を読み進めて頭皮の血行不良を改善するために役立ててください!

テキストが苦手な方は、下のYouTubeをご覧ください。

1.頭皮の血行不良で白髪が増える説

頭皮の血行不良が髪に与える悪影響としては抜け毛は細毛が最も有名ですが、最近の研究によると、血行不良で白髪が増えるという説もあります。

2.血行が悪くなりやすい部分

一般的にはあまり知られていませんが、頭皮には血行が悪くなりやすい部分があります。

それは頭のてっぺん、別の言い方をすると頭頂部です。

その部分は頭皮が下がって下に引っ張られるので、どうしても血行不良になりやすい部分です。また頭のカーブが強い顔周りやハチも結構が悪くなりやすいので、その辺りは重点的にマッサージをすることをおすすめします。

3.チェック方法(後頭部よりも頭頂部の頭皮が硬い方は要注意)

頭皮のいろんな部分を触り比べてみて、頭頂部だけが硬いという方は、頭皮が重力の影響で下がってきている可能性が高いので要注意です。

そういう方は、下から上に優しく引き上げるようなマッサージを心がけましょう。

4.マッサージは絶対した方がよい

たとえ今現在は頭皮に全くトラブルを感じていなかったとしても、頭皮のマッサージは全ての大人が行った方が良い行為だと美容師的には思います。

なぜかというと、加齢とともに抜け毛、細毛、白髪などのトラブルはほとんどの方が経験するようになるからです。

既にトラブルを抱えている方は、マッサージをすることでトラブルが改善に向かう可能性があるのと、まだトラブルを抱えてない方はトラブルの発生を遅らせることができると考えられています。

5.一般的な日本人は髪質に恵まれている?

筆者は海外で美容師をしていますが海外で美容師をしていて感じるのが、日本人は非常に髪質に恵まれてると思います。

もちろん個人差はあるとは思いますが、比較的、日本人はアジア人の中でも特に髪が太くてハリがある、ボリュームが出しやすい髪質です。

普段からのマッサージを習慣にして、世界中の人々が羨ましがる、日本人特有の美しいハリのある髪質をキープしてもらえると、美容師としても嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。