美容室で失敗しない注文の仕方!ヘアカットのオーダーのコツ[保存版]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容室での失敗のほとんどの原因は、カウンセリングで上手く美容師さんに伝わってない場合に起こります!

もちろん、美容師さんにも聞き出す力や汲み取る能力は必須ですが、その能力には個人差がありますよね?

カウンセリングでの食い違いを防ぐためのポイントを紹介します!

スポンサーリンク

最優先は髪の悩み?ヘアスタイル?最も相談したい事を伝えましょう

最初に髪の悩みを解決したいのか、それともヘアスタイルのデザインを優先したいのかを決めましょう。もちろんどちらも大事ですが、最も優先したい事をはっきりと伝えます。
そのうえで、ベストな髪型を相談しましょう。

・髪の悩みを最も優先して解決したい場合は先に悩みを伝える

ダメージが気になる、トップがペタンコ、動きが出ない、ボリュームが出すぎる、などなど髪の悩みは尽きませんが、髪の悩みを最優先に解決したい場合は一番初めに伝えておきましょう。

直接的な髪の悩みではなくても、「丸顔が気になる」「自分の身長に似合う髪の長さが知りたい」など髪に関係する印象の悩みでも大丈夫です。
初めに悩みを伝えておけば、その悩みに対して解決しやすいヘアスタイルを美容師さんが提案してくれます。

また、優先順位の上位は髪の悩みで、しかもなりたいイメージが固まっている場合も、先に悩みを伝えておく事で悩みを解決しつつイメージに近づけような提案をしてもらえます。

 

・ヘアデザインを最も優先したい場合は写真を見せる

やりたいヘアスタイルのイメージがある程度固まっている場合は、雑誌の切り抜きやインスタグラムなどの写真を美容師さんに見せましょう。
写真を見せて髪型を注文した方が、誤解が生まれずらいので失敗を防ぐ事に役立ちます。

詳しくは、
関連記事・髪型の写真を見せてオーダーする場合の4つの注意点と4つのポイントをご覧下さい。

また、写真を見せないでヘアスタイルを相談する方は、そのまま読み進めて下さい。

スポンサーリンク

 

そろえるだけ?すごく変えたい?どの程度変えたいのか明確にしましょう

 

・カットが上手い=軽くするだけ(そろえるだけ)も上手い

お客様は、軽くするだけなら誰が切っても同じと思っている方もいるようですが、じつは軽くするだけ、そろえるだけのカットには様々な技法があります。そのため、軽くするだけ、そろえるだけにも上手い下手があります。
上手に軽くしたり、そろえておけば、ハネずらくて長持ちさせる事が可能です。
あまり切らない場合も信頼がおける美容師さんにお願いしましょう。

通常のカットが上手な美容師さんは、軽くするだけ、そろえるだけのカットも上手です。
詳しくは、
関連記事・カットで失敗しない!上手な美容師さんに共通する4つの特徴とは?を参考にして下さい。

また「伸ばし途中」「そろえるだけ」のオーダーをしたのに切られ過ぎてしまうパターン。経験がある方も多いと思います。

そんな悩みの解決方法は、
関連記事・髪を伸ばしたいときの注文方法!美容師さんに切られすぎないオーダーの仕方を合わせてご覧下さい。

 

・髪型をすこし変えたい

髪の長さをすこし変えたい

少しの基準はお客様によって違います。それはもちろん美容師さんでも同じです。
2センチ切ったら少し切ったと感じる方、5センチ切ってもあまり違いを感じない方、感じ方も少しの基準も様々なので「3センチくらい切りたい」「さ骨下の長さはキープしたい」などと具体的に伝える事をおすすめします。
また、ロングヘアの方が3センチ切ったら少し切った事になるかもしれませんが、ショートヘアの方が3センチ切ったらガラッとイメージが変わる事が多いなど、元々の長さによっても変わるので、美容師さんと少しの基準を合わせることが重要です。

 

髪型のイメージをすこし変えたい

イメージを少し変えるのであれば、前髪や顔周りを変えるのが効果的です。具体的には、顔周りにレイヤー(段)を入れる、前髪を切る、前髪の量を増やす(少し後ろから持ってくる)など、少し変える方法はたくさんあります。

ただし、顔周りにクセが強い方はレイヤーを入れるとクセが出やすくなってお顔が大きく見えてしまう事もあるので要注意です。
詳しくは、
関連記事・顔周りくせ毛さんが小顔になるための3つの解決策!を合わせてご覧下さい。
また、イメージを少し変える場合も少しの加減は人によって違うので、美容師さんとよく相談しましょう。
具体的な説明が難しい場合は、「柔らかい雰囲気に見せたい」「カッコいい感じにしたい」などの表現をすると、美容師さんがヘアカタログを見せながらアドバイスしてくれることでしょう。

 

・すごく変えたい

 

髪の長さをカットしてイメージを変えたい

 

バッサリ短くするとイメージを大きく変える事が出来ますが、バッサリカットするのは難しいので、失敗のリスクが増えます。
上手な美容師さんを見つけましょう。

また、バッサリカットしたことが原因でくせ毛になることがあります。

詳しくは

関連記事・ばっさりショートでくせ毛になった?失敗しない方法を大公開!を合わせてご覧ください。

 

長さ以外のカットでイメージを変えたい

 

長さを変えずにイメチェンするにはレイヤーカット(段カット)が有効です。

ただし、レイヤーカットは「ハネやすい」「パサついて見やすい」などの危険性があります。レアカットを注文する場合は、メリットデメリットをしっかり美容師さんに確認してください。

 

まとめ

 

美容室で髪型を注文するときに、注文しやすい状況を作ったり、お客様の要望を100%引き出すことも美容師さんにとっては大切な技術の1つです。

ただし、人間がやることなので、コミニュケーションがうまくいかないと思わぬ失敗を招く可能性もあります。

逆に、コミニケーションがうまくいけば、期待を上回るような素晴らしいヘアスタイルを提供してくれるでしょう。


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・「おまかせ」注文は嬉しい?困る?髪型で失敗しない「おまかせ」とは

関連記事・1人の担当が最初から最後まで!マンツーマン美容室のメリット・デメリット

関連記事・美容師さんのコンテストってどうなの?受賞歴がある人は上手?

関連記事・美容師を指名するのは恥ずかしい?指名を勧める5つの理由!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。