髪や頭皮が脂っぽい3つの原因と対策【徹底解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

髪や頭皮が油っぽいと、せっかく髪型がオシャレになってもテンション上がらないですよね?

ペタッとしちゃってボリュームも出ないし、見た目的にも不潔に見えてないか心配という方も多いのではないでしょうか?

そこで、現役美容師である筆者が原因とご自分でできる対策、美容室でできる対策を合わせて解説します。

髪と頭皮が油っぽくてお困りの方には必読の内容です!

はじめに.頭皮トラブルが重症なら皮膚科へ

本題に入る前に予備知識として知っておいていただきたいのですが、あまりにも状態が悪いようであれば脂漏性皮膚炎または脂漏性湿疹の可能性があります。

もしも、油っぽいを通り越して炎症や湿疹を起こしているような状態ならば、ご自分で対策をするよりも皮膚科に通院したほうが改善する場合もあります。

これからご紹介する原因と対策を試してみて、それでも改善しないようであれば、皮膚科を受診してみるのも一つの選択肢だと思います。

1.髪や頭皮が脂っぽい3つの原因と対策

ここから先はいよいよ本題となります。油っぽくなってしまう代表的な3つの原因と対策をご紹介します。

1-1.生活習慣

生活習慣が乱れると正常な皮脂の分泌ができずに、過剰に皮脂が分泌されて油っぽい頭皮になることがあります。

具体的には、偏った食生活は頭皮にとって天敵です。特に油分が多い食生活の方はそれに比例して頭皮の油分も多くなりがちなので注意しましょう。

また、運動不足、睡眠不足、ストレスなども頭皮環境を悪化させる原因です。

不摂生を続けると、脂性だけではなくそれ以外のトラブル(抜け毛や薄毛など)にも悩まされる可能性があるのでご注意ください。

対策:体に良い生活習慣を心がける

不摂生をしたあとに顔が肌荒れしたことはありませんか?もちろん顔と同じように、頭皮も肌荒れします。

基本的に体に良くない生活は髪や頭皮にも良くないので、規則正しい生活を心がけて頭皮が正しく新陳代謝できるような環境を整えましょう。

1-2.シャンプー

頭皮を清潔に保つためのシャンプーですが、シャンプーが原因で髪と頭皮が脂っぽくなることがあります。

①シャンプーのすすぎ残し

シャンプーの際にすすぎが不十分で、毛穴が詰まってしまい脂症になることがあります。

対策:すすぎ洗いをしっかり

シャンプー前のすすぎ洗いが甘いと、シャンプーの泡立ちが不十分で汚れが毛穴に残ってしまう可能性があります。また、シャンプー後のすすぎが不十分だとシャンプー自体が毛穴に残ってしまいます。

どちらのすすぎ洗いもいつも以上に地肌をしっかり流すように心がけてみてください。

②夜シャンプーしないで寝る

油っぽさを気にしている方の中には朝シャン派の方が多いのではないでしょうか?

確かに朝シャンの方が寝ている間に分泌された油分がスッキリ落とせるので、出かける前にベタつきを抑えたい方には一見向いているように感じがちですが、その習慣はあまりおすすめできません。

日中の汚れが毛穴に詰まったまま寝ると、正常な皮脂の分泌が阻害されてしまい、頭皮環境を悪化させる原因になります。

対策:夜シャンプー、朝は湯シャン

対策として有効なのはもちろん、夜にシャンプーしてから寝ることが有効ですが、この記事をご覧の方の中には「夜寝る前にシャンプーして朝起きたらベタベタしてるのは嫌だ」という方もいると思います。

そのような方は、

1.夜はシャンプー剤を使ってシャンプーする

2.朝はシャンプー剤を使わずに湯シャン(すすぎ洗いのみ)

にしてみると良いかもしれません。

すすぎ洗いのみでも80%の汚れは落ちるというデータもあるので、寝ている間に分泌された油分を落とすのが目的であれば朝は湯シャンだけでも問題は解決する可能性があります。

③シャンプーが頭皮の状態に合わない

あなたは洗浄力が高いシャンプーを使っていませんか?

油っぽいから洗浄力が高いシャンプーを選ぶのも理解できますが、洗浄力が高いシャンプーで皮脂を除去しすぎると頭皮は乾燥します。

そして、乾燥を防ぐために頭皮が油分を過剰に分泌してしまうことがあります。

対策:シャンプーを変える

洗浄力が優しいアミノ酸系のシャンプーに変えるのが有効です。

アミノ酸系のシャンプーはドラッグストアよりも美容室の方が取り扱っている率が高いので、担当の美容師さんに問い合わせてみるのも良いと思います。

1-3.コンディショナー(リンス、トリートメント)

コンディショナー(リンスとも呼ぶ)を髪の根元や地肌からつけている方をよく見かけますが、その使用方法は間違えています。

髪の根元は、毛先に比べると健康なことが多いのでコンディショナーの効果が効きすぎてしまってベタベタするケースがあります。

対策:中間〜毛先にしかつけない

髪や頭皮が油っぽい方以外でも、コンディショナーの正しい付け方は中間〜毛先のみにつけることです。

もし地肌にも着いてしまったら、地肌をしっかりすすぎ洗いし直すようにしましょう。

2.美容室でできる対策

ここまでは、ご自分でできる対策をお伝えしましたが、ここからは美容室でしかできない対策をご紹介します。

ご自分で対策をするよりもプロに頼んだ方が効果が出やすいので、上記の対策を試しても改善しない方は下記のメニューを検討してみてください。

2-1.ヘッドスパ

ヘッドスパには色々な技法や流派があるので一概には言えませんが、一般的にヘッドスパには頭皮の環境改善とリラックスのふたつの効果があります。

どちらの効果も頭皮のトラブルを改善するものです。

また、ヘッドスパを担当する美容師さん(スパリストと呼ばれる)は通常の美容師さんよりもかなり深く頭皮や髪に関しての知識を学びます。

もちろん単に施術を受けるだけでも効果が見込めますが、同時にご自宅でのケア方法などもスパリストさんに聞いてみると、あなたの状態にあった方法を紹介してくれることでしょう。

2-2.炭酸泉

炭酸泉とは、美容室用の濃度に調整された炭酸水で髪と頭皮をクレンジングするサービスです。

クレンジングと同時に血行促進効果もあるので、頭皮環境改善にとてもおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。