髪型変えたい女性が考えておくべき4つのチェック項目とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ヘアスタイルをガラッと変えて気分転換したいけどちょっとコワい」「特に不満は無いけどいつも同じでつまらない」「バッサリ切りたいけど美容師さんに止められて、、」でも、、、失敗したらどうしよう、、、

そんな経験ありませんか?

髪型を変える前に、4つのチェック項目に答えられるようになれば美容室での失敗確率を大幅に減らす事が出来ますよ!

スポンサーリンク

1: 変えたいのは「髪の長さ?」「雰囲気?」明確に決めておきましょう

そもそも「何を変えたいのか?」を掘り下げて明確にする事が非常に重要です。
長い付き合いの美容師さんであれば「おまかせ」で上手くやってくれるかもしれませんが、初めての美容師さんの場合は完成のイメージを共有できていないと失敗する確率が上がってしまいます!
例えばカットであれば、長さなのか?イメージなのか?似合うスタイルを探しているのか?
長さを変えるともちろんイメージも変わりますが、長さを切らなくてもお顔周りをガラッと変える事でイメージチェンジも可能ですし、
逆に長さをバッサリ切っても、お顔周りを変えないことで印象をある程度キープすることもできます。
「長さは変えたくないけど雰囲気は変えたい!」と言う場合はヘアカラーやパーマが特に有効です。
カラーでお肌の見え方を変えたり、パーマで質感を変えると雰囲気はかなり変わります!
ヘアカラーで変えるなら、透明感がある外国人風のカラーがおすすめです。詳しくは
関連記事・外国人風カラーの透明感のヒミツはブリーチ!?4つの基本!
また、女性から褒められたいか、男性から人気のヘアスタイルにしたいか?なども美容師さんに伝えておくと希望を汲み取ってくれると思いますよ!
髪型を変えると印象が70%変わるので、
関連記事・印象の70%は髪!?あなたの魅力が7割増える3つのヒント!も合わせて参考にしてみてください!

2: 顔型と髪型は合ってる?

 あなたの顔型は丸顔ですか?それとも面長?
大切なのはお顔の形に似合うヘアスタイルにすることです。
ヘアスタイルを変えるとコンプレックスをカバーすることもできますが、間違えたヘアスタイルにするとコンプレックスを強調することにもなりかねません。
もしも、ご自分の似合うヘアスタイルがわからない場合は、美容師さんは似合わせについてしっかり勉強しているので美容師さんに相談してみましょう。
また、実際に見てみないとなんとも言えないので、機会があれば「顔型と似合わせ」について書きたいと思います。

3: 「ライフスタイルや髪質」と「なりたいヘアスタイル」は合ってる?

「ショートヘアにしたらはねやすくなった」「ボブはブローが大変」
逆に「シャンプーが楽」「乾かすのが早くて助かる」など、髪型を変える事での様々なメリット、デメリットが生じます。
ヘアスタイルは生活と密着しているので、普段はブローをするのか?アイロンはする派か?または、ブローやアイロンなどの一手間が必要なヘアスタイルや髪質なのかどうかを事前に美容師さんに相談することが大切です。
また、カラーの場合は「次回はどれくらいのペースで染め直せばいいのか?」なども遠慮せずに質問してみましょう!

4: 普段のファッションやメイクと合った髪型?

「前髪を作ったらメイクが濃く見える」「ボブにしたらカジュアルな服に合わない」
など、ヘアスタイルを変える事は大きく印象が変わるので気をつけていただきたい部分の一つです。
例として「ボブ」というヘアスタイルを例に挙げると、エレガント・フェミニン・クール・カジュアルなものまで様々なボブがあります。
ご自分のファッションやメイクのテイストに合わせるスタイルにするか、ファッションやメイクを変える前提で髪をカットされるのも一つの方法です。
また、普段ファッションの参考にしている雑誌を美容師さんに伝える事も失敗を減らす手段です。

まとめ

ヘアスタイルをガラッと変えるのは勇気がいりますよね?でも、いつも同じじゃつまらないし、、、

イメージチェンジに失敗してガッカリな気分にならないためにも、上記4つのポイントを参考にして、ステキなヘアスタイルを見つけて下さいね!

また、ロングから急にショートやボブにすると、思わぬリスクもあるので、
関連記事・ばっさりショートでくせ毛になった?失敗しない方法を大公開を読んで失敗を防いで下さい!

 

あなたの髪の悩みが改善されて、最高の美容師さんが見つかるように願っています。☆こちらの記事が役に立ったと思う方はソーシャルボタンからシェアやいいねをお願いします☆


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・美容師を指名するのは恥ずかしい?指名を勧める5つの理由!

関連記事・ヘアスタイル撮影をしてる美容師さんは上手な人が多いってホント??

関連記事・ヘアドネーションとは?髪を寄付することで笑顔になる子供達がいます!

関連記事・1人の担当が最初から最後まで!マンツーマン美容室のメリット・デメリット

MY SALON 編集部

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。