1人のスタイリストが最初から最後まで!マンツーマン美容室のメリットとデメリット

美容室選び

近年急速に店舗を増やし続けている『マンツーマン』タイプの美容室、通称マンツーマン美容室をご存知ですか??

一人のスタイリストがカウンセリング、シャンプーからカラーやスタイリングまで、すべての行程をマンツーマンで担当してくれる、マンツーマン美容室の実態とマンツーマン美容室を選ぶ際のメリット・デメリットに迫ります!

スポンサーリンク

意外と知られていない2種類のマンツーマン美容室

マンツーマン美容室には、大きく分類して一人型と複数型の2種類があります。
まずはそれぞれの特徴を説明します。

1 .一人型マンツーマンサロン

美容室のオーナー兼スタイリストが、美容室の運営からお客様の施術、宣伝広告、受け付け、その他諸々の全てのことに対応します。

セット面(カットをする席)が1〜3席ほどの小型店が多く、貸し切り状態で美容室を独占できるのも1つのお客様メリットかもしれません。

また、あまり人に聞かれたくないような髪の悩みなどを相談しやすいというメリットもあります。

2.複数型マンツーマンサロン

複数のスタイリストがいるお店で、自分の担当のお客様だけを担当するタイプの美容室が複数型のマンツーマンサロンです。
セット面(カットをする席)の数は複数で、お店にいるスタッフの数も一般的な美容室と変わりません。

美容室の中で「美容室の賑やかな雰囲気は好きだけど、マンツーマンで対応してほしい」「担当美容師さんと二人っきりは気まずい」
などと感じる方は、複数型のマンツーマンサロンのほうが向いているかもしれません。

スポンサーリンク

一人型・複数型、両方のマンツーマン美容室に共通するメリットとデメリット

一人型、複数型の共に共通するメリットとデメリットがあります。

マンツーマン美容室のメリット

・担当者が入れ替わらない安心感

一般的に美容室では、アシスタントがする仕事、スタイリストがする仕事で業務が分担されています。

マンツーマンサロンでは、パーマやヘアカラーも1人のスタイリストがすべて担当するので安心感があります。

・同じ会話を何度もしなくて済む

『「この後お出かけですか〜?」を担当が変わるたびに聞かれる』
美容室あるあるかもしれませんが、マンツーマンサロンにはその心配がありません。

・色々なことが相談しやすい

最初から最後まで1人の担当者が施術すると言う事は、言い換えると一緒に過ごす時間が長くなるとも言えます。
当然、話す時間も長くなりコミニケーションはより深まります。
そのため、担当の美容師さんに普段は言えないような外見のコンプレックスなどを相談しやすくなります。

マンツーマン美容室のデメリット

・1つのメニューに時間がかかる

例えばヘアカラーであれば、アシスタントがいるタイプの美容室であれば、一緒に塗ると半分の時間で済ませることができます。

待ち時間が少ない半面、髪の毛を乾かすだけでも通常の美容室より少し時間がかかってしまう可能性があります。

・予約が取りづらい

スタイリストひとりで担当できる人数しか予約が取れないので、1日に取れる予約の数が限られています。

また、予約の関係上、急な予約の変更、メニューの変更にも対応できない場合があります。
「カットで予約をしたけど、やっぱりカラーも…」などの追加オーダーも難しいことがあります。

・クレームが言いづらい

クレームとまではいかなくても、「ヘアカラーの染まりが部分的に薄い」「掃除が行き届いていない」

などの、通常の美容室だとアシスタントが主に担当する部分の不満は、特に言い出しづらい傾向にあります。

・合わない美容師さんだとツライ

これは、通常の美容室にも言えることですが、美容師さんとの相性が悪いと美容室で過ごす時間は苦痛です。
技術を含めた美容師さんとの相性が良ければ、最高の時間を過ごすことができるマンツーマンサロンですが、相性が悪いと過ごす時間が長い分だけツライ時間になります。

まとめ

1人の担当者が最初から最後まで担当してくれるマンツーマンサロンは、通常の美容室では味わえないお客様メリットがいっぱいあります!

ただし、相性が合わない美容師さんに当たってしまった場合のデメリットも通常の美容室以上です!

マンツーマンサロンの利用を検討している方は、美容師さん選びをいつも以上に慎重にしましょう!

スポンサーリンク