美容師が『黒染め』を徹底的に嫌がる5つの理由とリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容師さんに「もしかして、黒染めしてますか?」ってちょっと苦い顔された経験ありませんか?
『自分の髪なんだから何してもいいでしょ!?』と思う前に知っておいて欲しいことがあります!

お客様の目線だと黒くするだけだから簡単だと思われがちで、安易に挑戦する方が後を絶たないセルフカラーでの「黒染め」、、、

確かにコスト面ではセルフカラーは圧倒的に安価ですが、実は美容師目線では非常に厄介で強敵です。

スポンサーリンク

 

黒すぎて不自然だから明るくしたいと美容室に駆け込む方が多くいらっしゃいます。不自然なほど黒く染めてしまった髪の毛はを明るくする場合にはいくつものリスクが考えられます。

1、ブリーチしない限り明るくならない

ブリーチ剤を使用しても明るくならない事があるうえに、明るく出来るかどうか(どれくらいまで明るく出来るか)もブリーチ剤を使用してみるまでは正確には分かりません。

2、ムラになりやすい

黒染め自体がムラに染まっている場合はブリーチ剤で明るくなる部分と明るくならない部分があるのでムラになりやすい。

3、明るく出来ないまま無駄にダメージだけが残ってしまうことがある。

黒染めを濃く染まってしまっている場合にはブリーチですら明るく出来ない場合があります。しかもブリーチは強力な薬剤なので、ダメージした上に明るくもならないなんて悲惨な状態になる可能性があります。

4、明るく出来たとしても赤みが出てしまって希望の色味が出ないことがある。

黒染めには赤褐色の色素が多く含まれています。たとえ明るさを明るくすることが出来たとしても不自然な赤みが残ってしまい、希望の色に変える事が難しいコトもあります。特にトレンドの外国人風カラー、グレージュ、アッシュ系へのカラーチェンジはとても難しいです。

5、年数が経っても抜けない。

黒染めしてから何年も経ってるから平気でしょ?とおっしゃる方がいますが、濃く染まった黒染めは何年も抜けないくらい強力です。明るい色のカラーリングに変えた際に数年前の黒染めが残っていて毛先だけが黒くなってしまうこともあります。
以上を踏まえて髪の毛の健康やカラーデザインを考えると、セルフカラーの黒染めはお勧め出来ません。

関連動画

黒染めのリスクについて動画でも分かりやすく解説しています。ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

美容室で黒髪にすると5つのリスクが避けられる?

黒にも黒さのレベルが有ります

美容室でヘアカラーをしたことがある方であればヘアカラーのサンプルを見た事がある方も多いと思います。
ヘアカラーのサンプルには数字が書いてあり、数字が小さくなると明るさが暗く、逆に大きくなると明るい色という表し方をします。
また、1〜13(メーカーさんによっては14まで)の数字が割り振られている事が一般的で、この数字をトーンレベルと言います。
トーンレベル1〜5までは美容師さん以外の方には、おそらくただの黒にしか見えないと思いますが、黒にも様々な段階の黒がある事は一般にはあまり知られていないようです。

 黒さのレベルを調節することで得られる自然な黒髪

市販品の黒染めでも黒く染めることは可能ですが、市販品の黒染めは専門的な知識が無い方でも簡単に染められる処方になっている代わりに黒さの段階を調整する事が難しく、黒すぎて不自然という結果になることが多々あります。
市販品に比べて美容室で黒く染める場合には、地毛に近い自然な黒を提供出来るうえに何ヶ月間黒髪にしておくかを相談しながら、逆算して適切なトーンレベルの薬剤を選定することが可能です。
 

 まとめ

黒くする場合でも圧倒的に美容室でのカラーがおすすめです。むしろホームカラーは知識が無い場合リスクがいっぱいあります。
専門の知識を持った美容師さんに、ベストな黒を選んでもらって下さい。
それでもセルフカラーで黒染めをされるのであれば、新しい髪の毛に生え変わるまでの数年間は黒髪で過ごすか、上記の5つのリスクを負うつもりで、覚悟を持って挑んでください!
また、最近のヘアカラートレンドは外国人風な透明感を出すカラーが人気です!外国人風透明感カラーを手に入れたい方は、
関連記事・外国人風カラーの透明感のヒミツはブリーチ!?4つの基本!を合わせてご覧下さい!

☆こちらの記事が役に立ったと思う方はソーシャルボタンからシェアやいいねをお願いします☆


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・シャンプーはシリコン・ノンシリコンどっちが正解?美容師が考えてみた

関連記事・美容室「前回と同じで!」同じ髪型にならない5つの理由と注文方法

関連記事・髪を伸ばしたいときの注文方法!美容師さんに切られすぎないオーダーの仕方

関連記事・「おまかせ」注文は嬉しい?困る?髪型で失敗しない「おまかせ」とは

サイトマップ・美容室・美容師さんの正しい選び方と髪のお悩み解決策も合わせてご覧下さい!

MY SALON 編集部

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。