外国人風カラーの透明感のヒミツはブリーチ!?4つの基本!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
「外国人風の透明感がある髪色にしたい!」「グレージュにしたかったけど思ったよりもグレーにならない!」などなど、外国人風ヘアカラーが大人気!
ですが、美容室でオーダーした時に「そのカラーはブリーチが必要です」と美容師さんに言われた方も多いのではないでしょうか?
結論としては、完璧な外国人風カラーを表現するためにはブリーチが必要な場合がほとんどです!
ブリーチした方がいい理由と、ブリーチのデメリットを分かりやすく説明します!

スポンサーリンク

ブリーチカラー前に知っておいて欲しい4つの基本

 アジア人は透明感が出づらい髪質

日本人に限らずアジア人の髪はオレンジ色や黄色が強く透明感が出づらい髪質です。
ヘアカラーが色落ち(退色)した時にオレンジ色や黄色っぽいブラウンになるになるのはアジア人の髪質の特徴と言えます。

 1:ブリーチと普通のヘアカラー(アルカリカラー)との違い

ブリーチ剤と普通のヘアカラー剤は明確な違いがあります。
ブリーチ剤の説明の前に普通のヘアカラーについて知っておく必要があります。
普通のヘアカラーの場合にも髪を明るくする事は可能ですが限界があります。
普通のヘアカラーに含まれる薬剤の成分は脱色剤と染料の2種類がミックスされていて、塗ってから10〜15分ほどで脱色剤が反応し、明るくなります。その後、時間の経過と共に染料が反応して染まり始めます。
この一連の流れを一回で出来るのが普通のカラーです。
カラーリングをしてから数ヶ月経つと退色して髪が明るくなるのは、カラーをする行程で一度明るくしているので染料が反応する前の時点(脱色の時点)まで明るくなると言えます。

2: ブリーチのみだとただの金髪になります

ブリーチの場合は、脱色剤のみで染料は含まれていないため、髪を明るくする効果だけが得られます。
通常はブリーチの後に普通のカラーで色を入れるので、行程は通常で2工程に分かれます。
1、ブリーチで一度金髪の状態にする→シャンプー
2、普通のカラーで色味を入れる→シャンプー
ただし、求める色や髪の状態によっては2〜3回のブリーチが必要な場合もあるので施術の行程と時間が普通のカラーリングよりも確実に時間がかかります。
 時間にゆとりを持って美容室を予約しましょう。
スポンサーリンク

3: ブリーチのデメリット

ダメージ

ブリーチはとても強い薬剤なので確実に痛みます。
最近では日本ではブリーチサプリ、海外だとOLAPLEXなどのダメージを抑えるブリーチ専用のトリートメント(ブリーチに混ぜるタイプ)もあり、以前に比べてかなりダメージを抑えて施術をすることが可能になりました。
ただし、ほとんどのサロンは割増料金になると思います。(すごくコストがかかるため)

パーマがかけられない

基本的にブリーチした髪にはパーマはかけられません。かなり薬剤知識と経験がある美容師さんであれば不可能ではないと思いますが、おすすめはいたしません。

カラーが落ちやすい

ブリーチを繰り返した髪はキューティクルが剥がれ落ちているため染料が流出しやすく、色落ちがとても早いです。長持ちさせたいのであれば、理想の色よりも少しだけ濃いめ(暗めのトーン)で施術してもらうように美容師さんに相談しましょう。
また、ヘアカラー専用のシャンプーを使う、などの退色防止策を行いましょう。

 4:髪質と希望の色によってはブリーチ必須な場合もある

人の髪質や元々持っている髪の色素は一人一人異なります。ブリーチしなくても透明感が出易い方ももちろんいますが、元々の髪質が赤みやオレンジが強い髪質の方がアッシュ系や、グレーにカラーチェンジする時はブリーチが必要な場合があります。
また、ブルーブラック(青っぽい黒)に染めるパターンもブリーチを必要とする事が多いです。

まとめ

外国人風の透明感があるヘアカラーにチェンジしたい方は上記4つの基本を頭に入れてカラーのオーダーをすると、美容師さんが言う意味が分かるのでスムーズだと思います!

また、黒染めをしたけど外国人風透明感カラーにチェンジしたい方や、就職や修勝で黒染めを検討している方は、
関連記事・美容師が『黒染め』を徹底的に嫌がる5つの理由とリスクを読んでよく検討してみましょう!

関連動画

hairsalon La chouchouさんが作成した動画が外国人風カラーを説明してくれているのでぜひご覧下さい。

☆こちらの記事が役に立ったと思う方はソーシャルボタンからシェアかいいねをお願いします☆


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・美容師を指名するのは恥ずかしい?指名を勧める5つの理由!

関連記事・ヘアスタイル撮影をしてる美容師さんは上手な人が多いってホント??

関連記事・日焼けでヘアカラーが退色?!おすすめのローライトとは?

関連記事・「おまかせ」注文は嬉しい?困る?髪型で失敗しない「おまかせ」とは

サイトマップ・美容室・美容師さんの正しい選び方と髪のお悩み解決策も合わせてご覧下さい!

MY SALON 編集部

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。