縮毛矯正した髪にパーマはかけられる?美容師から3つのアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

強いくせ毛で、普段は縮毛矯正をかけている方、まっすぐなのにも飽きてきませんか?

そこで、パーマを検討しているそこのアナタ!
パーマの予約は、この先を読み進めてからにして下さい!

スポンサーリンク

コールドパーマはすすめないが、デジタルパーマであれば可能な場合もある

 

結論から言うと、普通のパーマ(コールドパーマ)はお勧めしません。
ですが、デジタルパーマであれば、可能な場合もあります。

理由を以下で詳しく説明します。

 

縮毛矯正後にコールドパーマをおすすめしない理由

 

縮毛矯正をかけた髪の毛にコールドパーマをかけると縮毛矯正がとれて(縮毛矯正でまっすぐになっている髪にパーマ液が反応すると、クセ毛が復活します)、その上から(クセ毛にもどった状態に)パーマがかかります。
また、クセ毛が復活すると広がりや痛んで見える原因にもなります。

わかりやすくまとめると、

縮毛矯正+パーマ=元々のくせ毛+パーマのボリューム+縮毛矯正&パーマのダメージ

という具合になります。

つまり、元々の髪質が直毛の方がパーマをかけるのと、クセ毛に方が縮毛矯正後にパーマをかけるのでは全く違う状態だということです。

 

デジタルパーマであればかけられる理由

 

デジタルパーマであれば、縮毛矯正と非常に近い分類のパーマなので縮毛矯正後の髪でもキレイにパーマをかけられる場合があります。

デジタルパーマはコールドパーマと違って、クセ毛を伸ばしながらかけることができます。

また、根元は縮毛矯正+毛先はデジタルパーマという施術も可能なので、選べるヘアスタイルの幅が広いのも特徴です。

ただし、縮毛矯正もデジタルパーマも強い薬剤を使用するので、髪のダメージによってはかけられない場合もあります。

 

縮毛矯正をかける前に、将来的にパーマをかける可能性があることを伝える

パーマ以前の話ですが、縮毛矯正を美容師さんに相談する前に「将来的にパーマをかける可能性がある」コトを事前に伝えておきましょう。

縮毛矯正の薬剤には、一般の方が想像出来ないほどたくさんの種類があります。

美容師さんに事前に相談しておけば、将来的にパーマをかける前提での施術が受けられるかもしれません。
ただし、あくまでも髪質やコンディション、求めるヘアスタイルによっては出来ない場合もあるので担当の美容師さんに、しっかりと毛髪診断をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

美容師目線、3つのアドバイス

 

1,縮毛矯正後のパーマは原則としておすすめできない

「縮毛矯正後のパーマ」に関しては美容師の間でも意見が分かれるところです。
実際に視診・触診・問診(見て、触って、髪の履歴を聞いて)みないと答えられないのが現実です。
一つだけはっきりしているのは、縮毛矯正前の元々の髪質が強いくせ毛の方ほどパーマ(特にコールドパーマ)は向いていません。

なぜなら、強いくせ毛は強い縮毛矯正の薬剤を使用することが多いからです。

つまり、それだけダメージのリスクも高くなるということです。

2,どうしてもパーマをかけるのであればデジタルパーマ

パーマには大きく分けてデジタルパーマとコールドパーマがあります。(その他にも、エアウェーブやクリープパーマなど色々ありますが今回は2種類のみの説明にさせていただきます)

縮毛矯正をした髪には、コールドパーマよりもデジタルパーマの方が向いています。詳しくは

関連記事・普通のパーマ・デジタルパーマ、向いてる髪質・髪型徹底比較をご覧下さい。

3,髪の施術履歴を伝える、または縮毛矯正をかけた美容室でパーマを相談する

初めて利用するサロンの場合は、 縮毛矯正をかけている事を美容師さんに伝えておくと失敗も少なくてスムーズです。
また、「以前、明るめのヘアカラーをしたことがあるか?」「明るめのカラーをしたのはいつ頃か?」などの情報も、知ったうえで施術するのと知らずに施術するのでは、完成度が変わるので出来る限り多くの情報を美容師さんに伝える事をおすすめします。

「わからない」「うまく伝えられない」と思う方は縮毛矯正をかけた美容室でパーマをかけたほうが失敗の可能性は減らせるかもしれません。

以上を踏まえたうえでパーマを検討してみてくださいね!


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・美容師を指名するのは恥ずかしい?指名を勧める5つの理由!

関連記事・美容室「前回と同じで!」同じ髪型にならない5つの理由と注文方法

関連記事・髪を伸ばしたいときの注文方法!美容師さんに切られすぎないオーダーの仕方

関連記事・「おまかせ」注文は嬉しい?困る?髪型で失敗しない「おまかせ」とは

サイトマップ・美容室・美容師さんの正しい選び方と髪のお悩み解決策も合わせてご覧下さい!

MY SALON 編集部

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。