誰にでも出来る!困った「切れ毛」の3つの予防策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

切れ毛とは、抜け毛とは違い、一本の髪の毛の途中からキューティクルが開き、その部分が「ぷちっ」と切れてしまう髪の事です。では、何故切れ毛が増えるのでしょうか?

大切な髪を切れ毛から守る、誰にでも出来る3つの予防策を紹介します。

スポンサーリンク

切れ毛の原因

カラーや、パーマのやり過ぎで、髪が痛みすぎて切れ毛の原因になったりします。特に、縮毛矯正やデジタルパーマなどを繰り返していると、切れ毛が増える確率が高くなります。

切れ毛になると、ロングの方だとごまかしがきく部分があるのですが、ミディアム、ショート、メンズの方等は、難しくなってきます。

そこで、切れ毛になる前の予防と、切れ毛になりづらい強い髪を育てる事が大切になります。

 

 

切れ毛の予防策

1、正しいシャンプー・トリートメントで切れ毛を防ぐ

髪を洗う前に、ブラッシングをしてあげるとよいでしょう。髪は濡れると外部の刺激に弱くなる性質があるので、シャンプーをする前の乾いた状態で、豚毛等のブラシや、つげぐし等で丁寧になでるように髪をとかし髪の絡まりをなくす事が大切です。

次にシャンプーを優しくして、トリートメント(補修力のあるもの)を髪一本、一本を包み込むように付けて、時間があれば、その時にホットタオルをまいて数分置いてから流してあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

2、洗い流さないトリートメント(セラム)で切れ毛の原因から守る

自宅でできるケアは、髪の集中美容液(セラム)等を購入して、ドライヤーの前につけてから、優しく乾かすことを毎日つづければ髪の毛の切れ毛も少なからず抑えられる事ができますので、諦めずに根気よく毎日つづけましょう。

 

3、身体の内側から切れ毛予防

ホルモンバランス、ストレスのによる体調変化により切れ毛になりやすい細い髪になる場合があります。特に、女性は、ホルモンバランスが大きく関係してきます。一見、髪には影響しないように感じるのですが、実は大きく影響します。ではどうすればよいのでしょか?

ストレスをためない事が一番よいのですが、なかなかそうもいかないときがありますよね。そんな時は、食生活から見直して規則正しい生活に変えましょう。すると、見事に髪も綺麗になります。

食生活を見直すことで、毛穴から元気になり一本、一本が変わってきます。具体的には、たんぱく質や、ビタミン、ミネラル系をバランスよく接種することがおすすめです。でも、三食すべてを改善するのは簡単ではありません。そんな時は、少し、食べ方や食べ物をかえてあげましょう!

コーヒーをやめて、フルーツ100パーセントジュースか、野菜100パーセントにかえてあげたり、豆乳を飲んだり、ファーストフードをやめて、オニギリと、サラダをたべてみたり、食生活を改善すると身体も変わってきます。そうすると、ストレスにも強くなったり身体が丈夫になり、髪の毛も綺麗になり切れ毛を防ぐ事ができますよ。

髪の毛も、身体の一部ですから身体が元気なら、髪の毛も元気になり、徐々に健康な髪を育てていく事はできるので、20代からなるべく規則正しい生活を心がけましょう!!

 まとめ

切れ毛は、時間はかかりますが、改善できます。もちろん、美容室等に通いトリートメントをしたり、ヘアケアのアドバイスを貰うのもいいでしょう。

また、コンディショナーを色々試したけど、どれも合わなくて余らせた経験がある方は捨ててしまう前に、
関連記事・裏技!?余ったリンスやコンディショナーの3つの使い道!をご覧下さい!

☆ソーシャルボタンからシェアなどしてもらえると嬉しいです☆


あなたにおすすめの人気記事

関連記事・美容師を指名するのは恥ずかしい?指名を勧める5つの理由!

関連記事・ヘアスタイル撮影をしてる美容師さんは上手な人が多いってホント??

関連記事・髪を伸ばしたいときの注文方法!美容師さんに切られすぎないオーダーの仕方

関連記事・「おまかせ」注文は嬉しい?困る?髪型で失敗しない「おまかせ」とは

MY SALON 編集部

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*